1人の永遠の美人あるいは青い顔の知己

1人の永遠の美人あるいは青い顔の知己があることができて、ひとつが男とひとつを味わって女の生命の中で最も美しい光景を味わうのです。人が全て孤独で、全て寂しくて、全てもろもろの情欲があって、考えてもみなさい、2人がすべて最も人を魅惑する顔立ち、容貌と体に直面する時、全て心の深い所のが思っているのから発すて、相手の心の慰謝を持って、双方を持つ間のは知り合いになって互いに愛し合う目の前を惜しんで、相手の体を得てまったく持つこととに値しないで、しっかりと抱き合うのが甚だしきに至っては性生活をするの単に所な時もたとえ例外でないのですとしても。2人の間はいかなる利益関係と欲求がなくて、心から求めて関心を愛することをと与えることがないことができて、心の中は永遠に双方の黙々としての祈祷の黙々としての祝福です。これ上調子ですと人間の欲望の乱流の時代で、双方の間はすべて1粒の静かで、心地良くて、自信、奮い立って前進する心を獲得して、生命の中で最も美しくて最も良い潤滑剤になります。誰がこれがいっしょに最も美しい景色なことを否定しますか?

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

w

Connecting to %s